ネットフリックスの動画数がどうしても気になったので、調べてみた。

2015年9月2日現在、日本国内のおもな動画配信サービスの会員数、タイトルについての記載がありました。

グラフ

 

ネットフリックスは、豊富な製作費で独自作品が多く、現時点では競合他社よりもラインナップが少なく、特に邦画、日本のドラマは少な目。

ネットフリックス創業者のリード・ヘイスティングス最高経営責任者は1日、「大切なのは質だ。試してもらえばみたいものがたくさんあるとわかる」と配信内容にも自信を見せた。

ネットフリックスの独自作品で凄いのは、世界で活躍する有名俳優、有名監督を起用した作品が多く、米国で話題のドラマ、「デアデビル」「センス8」など。

日本のものでは、フジテレビと共同制作した「アンダーウェア」「テラスハウス」などネットフリックスでしか視聴できない本格ドラマでコアなファンの心を掴もうとしてますよね。

1日より、視聴可能な動画数はどんどん増えてるようなので本当にたのしみ。

個人的には、dTVなんかは見たいコンテンツは結構あるように感じていて、グラフでもわかるようにコンテンツ数は本当にダントツに多い。

しかし、dTVは画質がばらつきがあり子供をあやすのにちょっと見るには十分ですが、4Kのテレビでスカパーなんか見た後に、dTVみるとがっかりすることもあります。

実際、ネットフリックスは見たいものも多く感じるので、dTV同様作品のチョイスはGOOD!画質を考えるとなんともdTVはお粗末なので、ネットフリックスに期待しちゃうんです。

ただ、日本ってお金払って視聴する文化があまりない気がするので、広がるかはなんとも。さらに、9月からアマゾンプライムで動画も始まり、本当にどうなるの?と思うのです。

アマゾンではあのBBCの伝説的な番組「トップギア」も名前を変えて登場するみたいで、これも楽しみですね。

トップギアという番組はくだらなすぎるんだけどはまる不思議な番組で、主人に教えてもらったのがきっかけでした。これもアマゾンで見られることに期待してしまうのです。

実際は、アマゾンプライムの動画になんて期待していませんでしたが・・・まあ、面白そう。